本文へスキップ


私たちは、すべての人が共に豊かに生きることのできる社会の形成に寄与します

TOPICS

  • コミュニティワーク スライドショー
     

NEWS新着情報

2020年4月8日       
【若者・生活困窮者支援部門からのお知らせ】

2019年度独立行政法人福祉医療機構社会福祉振興助成
「困窮する若者の生活訓練・住居確保総合支援事業」

報告書が完成しました。
こちらからご覧ください。


2020年1月9日       
【若者・生活困窮者支援部門からのお知らせ】
コミュニティワークの湯澤です。

新年早々・・・山あり谷あり・・・水難ありという感じであります。
若者に安心して失敗できる一人暮らしを届けたいと、昨年クラウドファンディングをさせて頂いたプロジェクトですが、 全国各地の皆様にご支援を頂き、9月1日からスタートし2名の若者が安心して失敗できる一人暮らしに参加しています。

今年の札幌は例年よりは雪は少ないのですが 基本的には氷点下になることも多く、何日かお家をあけるときには、水落としをして水道管が凍るのを防ぎます。 (水道管が凍ると破裂しとんでもないことになります)

お正月に、里帰りをしていた若者ははじめての一人で暮らしで、水落としの声がけをしてはいたのですが、ちょっと油断したのでしょうか?里帰りをして家に戻ると、水道が凍結していて、解凍しようと頑張ったところ、何と水道管が破裂、天井から漏水。 滝のように水があふれ、階下のお部屋も含め、浸水してしまいました。

お部屋は、水浸しになり、全面改装しないと暮らせない状態となったほか皆様のご支援で購入した、家具・家電も利用が出来ない状態に。 また、漏水のため電気が使えない状態になりました。らしていた女の子は別のお部屋に避難しましたが・・・ 先ほど、アパートの管理会社の工事業者が来てお部屋を確認していきましたがしばらくの期間は暮らすのは難しいとのことで・・・改修費も含め、保険の対象になるかは不明とのことでした。 お部屋は、写真では中々伝わりにくいですが、もうとんでもない状況になっており・・・とは言え、本人は案外ケロッとしています。むしろ、周りの大人たちが右往左往・喧々諤々と・・・ こんな状況下で思うことは、 多分・・・若者が安心して失敗できるためには、 右往左往する大人が必要なんだろうなぁと。

事業の方は、しばらくは別のお部屋を使い継続していきます。 ここからはお願いなのですが。
お部屋の復旧に向け・・・
①ご不要な家具家電などあれば是非。(星園までお持ち頂ければ助かります)
【具体的には】
※2月3日までに レンジ、冷蔵庫、テレビ、ハンガーラック、炊飯器、 トースター、カーペットなどです。

②お部屋の復旧に向けた寄付を募集しています。
【お振込先】
北海道銀行札幌駅北口支店
普通預金 1162635
特定非営利活動法人コミュニティワーク研究実践センター
理事長 穴澤義晴

若者が安心して失敗できる一人暮らし、 引き続きご支援・ご協力、何より応援をよろしくお願いします。


        このページの先頭へ

バナースペース

コミュニティワーク研究実践センター

〒064-0808
北海道札幌市中央区南8条西2丁目5-74
TEL:011-511-1315
FAX : 011-511-1316
mail :info★cmtwork.net
   ※迷惑メールの防止のため、
     送信の際は「★」を「@」に変更して
     送信してください。

【拠点施設】
 市民活動プラザ星園
 コミュニティハウス「れおん」
 岩見沢市生活サポートセンター「りんく」
 そらち生活サポートセンター
 月形事業所わくわーく
 そだちの杜

 ★Facebookはこちら  

事業案内・事業報告