本文へスキップ


私たちは、すべての人が共に豊かに生きることのできる社会の形成に寄与します

TOPICS

  • コミュニティワーク スライドショー
     

NEWS新着情報

2017年10月1日
【お知らせ】

市民活動プラザ星園では、入居団体を募集中しています。
詳しくはこちらからご覧ください。

2017年10月15日
【求人情報】

そらち生活サポートセンター(月形町)では職員を募集しています。
詳しくはこちら

2017年12月6日
【「居住支援と生活困窮者自立支援制度」に関する勉強会】

    ~支援団体・不動産会社・保証会社向け 研修会③~

「生活困窮者自立支援法」は、平成30年4月で、法律施行から3年が経過します。現在、厚生労働省の社会保障審議会(生活困窮者自立支援及び生活保護部会)でも制度の見直しについて活発に議論されています。居住を巡る問題についても、福祉・住宅行政の連携強化について議論されています。

【第1部】
 厚生労働省社会・援護局地域福祉課 生活困窮者自立支援室 生活困窮者対策官 菊地 英人氏を講師としてお迎えし、平成30年4月から、「生活困窮者自立支援制度」がどのように変わり「居住」支援はどのような方向性になっていくのか、お話して頂きます。

【第2部】
 「住居確保・生活維持の難しい若者」について、グループに分かれて事例検討を行います。事例検討を通じて、支援団体・不動産会社・保証会社、それぞれ異なる立場から「どのようなアプローチ」が可能か、「どのような連携」であれば現実的か、住居確保や生活維持の難しい若者の居住支援について考えます。

画像をクリックするとチラシを見ることができます(PDF 1.4MB)


【申込方法】
 チラシ裏面の申込書に、所属・電話番号・氏名をご記載の上、FAXまたは
 E-mail にて下記までお申し込みください。
【対象】
 支援団体・不動産会社・保証会社職員・自治体職員など
【申込期間】
 平成29年12月18日(月)~平成30年1月26日(金)
【主催】
 特定非営利活動法人コミュニティワーク研究実践センター

 ※この事業は「平成29年度独立行政法人福祉医療機構社会福祉振興助成事
  業」による助成金を受け開催しています。
  

支援団体・不動産会社・保証会社職員向研修会とは?
 年3回の研修会を通じて、住居確保が難しい若者の現状やその背景を学び、支援団体、不動産会社、保証会社の3者の立場を共有しながら情報交換を行い、若者の居住場所の確保・生活破綻の防止について、緩やかに協力・連携が生まれることを目指しています。

        このページの先頭へ

バナースペース

コミュニティワーク研究実践センター

〒064-0808
北海道札幌市中央区南8条西2丁目5-74
TEL:011-511-1315
FAX : 011-511-1316
mail :info★cmtwork.net
   ※迷惑メールの防止のため、
     送信の際は「★」を「@」に変更して
     送信してください。

【拠点施設】
 市民活動プラザ星園
 コミュニティハウス「れおん」
 岩見沢市生活サポートセンター「りんく」
 そらち生活サポートセンター
 月形事業所わくわーく

 ★Facebookはこちら